軸組構法(木造在来工法)

地震や災害に負けない家づくりのポイントとは。

家族の希望が沢山詰まったマイホーム。デザインや間取りにはこだわる反面、実は後回しになってしまいがちなのが家の”強さ”。けれど、”地震大国”の日本では、家は災害から家族を守る大切な場所になります。安心して暮らせる家には、どんな要素が必要なのでしょうか。

建築基準法に沿った耐震性だけでは、安全とは言いきれない?

現在、日本の建物は「建築基準法」によって耐震性の基準が設けられています。一見、安全なイメージが沸きますが、東日本大震災の時、建築基準法に沿った家でも倒壊していた例が。また、日本でもメジャーな「木造軸組工法」ですが、その仕組みは言わば「骨組のある箱」。実は安全性を確認する「構造計算」がなされないまま、昔からの経験や勘で寸法や強度を決め、建てられるケースも少なくありません。

自社設計物件はすべて構造計算を行い、
地震に負けない家づくりを行っています。

亀岡工務店は1棟1棟しっかりと安全性を確認する「構造計算」を行い、素材も耐久性のあるものにこだわり、柱や梁などの組立て部分は耐震性の高い構造にし、安全性を最大限に高めています。これらの工夫により、耐震性能は建築基準法の1.5倍を誇る“耐震等級3”を目指しています。これは消防署や警察署と同じ耐震性能で、熊本地震のときも倒壊することなく、住まう人の命を守った性能です。

安全性と、デザインを同時に叶えます。

地盤調査やその補強工事のご提案、綿密な構造計算による基礎工事、耐震性を高める耐力壁、柱構造材に従来の工法よりも強固な特殊な工法を取り入れ、耐震性を高めていきます。また、意匠設計(間取り・デザイン)と架構設計(構造)は、同時に行うことで安全性とデザインを叶えます。